トップページ>>情報セキュリティ基本方針 

 情報セキュリティ基本方針

冨士端子工業株式会社

1. 目標

昨今のネットワークコンピュータは、その導入による業務効率の影響は甚だしく、また、経営支援ツールとしても今後も大いに活用していくべきものである。インターネットを利用してビジネスチャンスを拡大している当社にとって、企業秘密情報の保護は企業経営上の基本方針とすべき事項である。しかし、ネットワーク化や情報共有の推進により、企業秘密情報が暴露や改竄といったセキュリティ上の脅威にさらされる危険性も増大する。健全な企業活動のために、経営の基本原則として情報セキュリティ基本方針を策定し、これを関係者に周知徹底させ、日々の業務において、情報セキュリティの確保に努める。

2.適用範囲と目的

当社が保有する機密情報や企業の責任において公開する情報などのすべての保護資産に対して、機密性、完全性、可用性、責任追跡性を確保するために、当社が所管するすべての情報関連施設や情報システム、およびその取扱者に適用する。


3.法令等の遵守

著作権、意匠権、商標など、知的財産権があるものに関して、法的な規制事項を確実に遵守し、他の関連法規、規則、契約上の要求事項を満足する。


4.教育と訓練

定期的に情報セキュリティに関する意識向上と保護資産の正しい利用のための教育と訓練を行う。


5.継続的な改善

情報セキュリティ体制の評価、見直しを定期的に行い、また環境の変化に対応したセキュリティの確保のため、継続的にセキュリティ体制を改善する。

2013年1月吉日

以上


□ToPへ戻る